おすすめ外壁塗装業者!
所有物件の外壁塗装をお考えならば
ぜひチェックしておきたい外壁塗装業者

詳しい情報はこちら!

HOME » より信頼できる外壁塗装業者の選び方 » 相場を知ろう

相場を知ろう

外壁塗装業者の選び方の大事なポイントである価格について解説します。

やはり価格は重要ポイント!外壁塗装の業者選び

外壁塗装の業者選びにおいて、大きなポイントとなる価格について説明します。相場や費用算出方法など、依頼者が予め知っておきたい知識についてまとめています。

ではまず、目安となる数字からご紹介していきましょう。一般的な費用対効果を考えると最も現実的な、シリコン系塗料を使用する場合、安い業者なら1平方メートルあたり1,800円~2,500円程度、高い業者では5,000円以上という場合もあります。もちろんシリコン系塗料より安価なアクリル系塗料の場合はこの相場より安くなり、フッ素系など高価な塗料の場合はより高価になるといった具合です。

目安の数字を紹介しておいたのにこのようなことを言うのもなんですが、外壁塗装業者選びの際は、目安価格が安いというだけで判断するのは避けたほうがよいのも確かです。実は外壁塗装の価格相場というものは本当に目安でしかありません。建物の形状や傷み具合、使用する塗料の種類、壁材の種類など、様々な要素で数字は変わってきます。それこそ100件の依頼があれば、100通りの費用が提示されると考えてよいのです。決して目安の価格にとらわれず、トータルなコストの総額で判断しなければなりません。

では、外壁塗装の費用総額の内訳を見ていきましょう。大まかに言えば、外壁の面積、塗料材料の種類・量、足場、養生、洗浄、下地処理、痛みの修復、人件費などで構成されます。より詳しく知っておきたいポイントを以下にご紹介しましょう。

■外壁の面積
例えば同じ坪数で同じ階数のマンションでも、箱型ものとL字型、コの字型のものでは、後者の方が面積は大きくなります。また窓面積が大きさにも左右されます。つまり外壁塗装においては、建物の坪数や階数は関係なく、あくまで塗装が必要な壁面積で算出されます。

■外壁の種類
平らなツルツルとした壁と、凸凹の激しいザラザラとした壁では、塗料の吸い込み方が変わり使用量が変わってきます。場合によっては、同じ面積でも使用する塗料の量は3倍というケースも。また鉄部の腐食や錆びなどが発生している場合は、修繕費用も加算されます。

■足場の組みやすさ
例えば、隣接する建物との境界が1mしかない場合と3メートルある場合では、足場を組む作業の難易度は格段の違いがあります。そのため場合によって、あるいは業者によっては狭所作業費用が追加されるケースもあります。

以上の通り、外壁塗装の費用とひと口に言っても、その内訳には様々な費用で構成されます。正確な金額は、業者への見積もりを依頼してはじめて分かると言えます。つまり、外壁塗装業者選びの際は、目安価格が安いというだけで判断するのは間違い。複数の業者に見積もりを依頼し比較検討した上で、トータルなコストの総額で判断する必要があります。