おすすめ外壁塗装業者!
所有物件の外壁塗装をお考えならば
ぜひチェックしておきたい外壁塗装業者

詳しい情報はこちら!

HOME » より信頼できる外壁塗装業者の選び方 » 保証やアフターサービスは?

保証やアフターサービスは?

外壁塗装業者の選び方の大事なポイントである保証やアフターサービスについて解説します。

外壁塗装における業者と保証に関する重要情報

外壁塗装業者の選び方を保証の点から解説していきます。依頼者が予め知っておくべきチェックポイントを紹介したいと思います。

保証がついていれば、施工後に万一不具合があっても安心というのが、一般の方々の感覚だと思います。大手家電メーカーや乗用車メーカーの場合は確かにその通りですが、外壁塗装の場合、思わぬ落とし穴が待っている場合も。

こんな話があります。10年保証を謳っている業者に外壁塗装を依頼して2年後、塗料の剥離が発生したのでその業者に連絡しようとしたら、倒産していたそうです。これは極端な例ですが、保証が長いから安心と思い込むのは禁物ということは肝に命じておくべきです。

それゆえに、業者選びの際は保証年数だけにとらわれるのではなく、その内容についてもしっかり確認しておきましょう。例えば施工完了後に、色ムラがあるのに気がついた、ハケの跡が目立つ、雨が降って塗料が溶けてきたなどの不具合があった場合、まっとうな業者であれば、保証の有無に関わらずしっかりと対応してくれるはずです。また、このような事態に備え、施工内容が書かれた見積書や保証書などは必ず保管しておきましょう。

では、より具体的に保証の内容について見ていきましょう。一般的には、外壁塗装業者による保証には、塗料に関する保証が設けられているはずです。塗装後に剥がれなどが発生した場合の塗り直し保証と言えば分かりやすいでしょうか。そして肝心の保証年数については、業者によって差があります。塗料の種類に関わらず一律○年としているところもあれば、塗料の種類ごとの耐久性に応じ、○○塗料は○年、△△塗料は△年と分類しているところもあります。

もうひとつは、外壁塗装に付随する工事に対する保証です。例えば、外壁のタイル補修やシーリング補修、屋根やベランダなどの防水補修などが主なものです。保証の対象となるのか否か、塗料と同じ年数か否かなどは、これまた業者によって千差万別です。これらの点についても、予めしっかり確認しておくべきです。

さらには、前述したように、もし施工業者がも倒産した場合、保証は無効になってしまうのか、第三者機関に引き継がれるのかも確認しておきましょう。

なお、参考までにお知らせしておきますと、天災、地盤沈下、火災、飛来物など不可抗力に起因する場合は保証対象外となる場合がほとんどです。増築やリフォームなどを行い、他業者が塗装部分に手を加えた場合なども保証対象外となってしまうことを留意しておきましょう。